2009年5月(May)。     2mはありそうなオーガスターがわが家に仲間入り。圧倒的な存在感ですが、その大きさに癒されます。
by nao-hime33
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ:LEISURE( 77 )
こどもの国でBBQ
b0024795_1446214.jpg
10月7日(日)はれ。
10月とは思えないほどの陽気の連休2日目。
お友だち3家族と、こどもの国でBBQをしましたぁ~♪(春と秋のみの営業)
道具は全部貸してくれるので、各自食材を分担、カットしてきて即焼くのみ!! お外で食べるって、ホントうまいなぁ。BBQ慣れしているもうひとりの友だちパパが「好き嫌いを直すのには、外で食べるのが1番だよ」って言いながら焼いていたけど、かなりそれには納得。ワタシの好き嫌いも直るかな!?
うちは分担食材のほかに、焼いも(アルミを巻いただけ)とマシュマロを持っていったんだけど、これがコドモたちに大好評♡ 「早く焼けないかなぁ~」とアルミをじぃーっと見ながら待っていたり、半分に割った焼いもをホクホクいいながら食べたり、マシュマロを自分で竹串に差して焼いたり、無邪気でかわいかったよ、もぉ~!!
BBQは3時までなので、たらふく食べた後は、ミニSLに乗ったり、ローラーの滑り台で遊んだり、閉園まで遊びつくした。それでもケイたんは、泣いて帰るのを嫌がり、なだめなだめ連れて帰ってきた。次回は、飯盒炊飯の場所でカレー大会をしようと約束。メチャメチャ楽しみだよ。
この日は、中で遊べるアンパンマンのバルーンがあった。最近アンパンマン好きのケイたんが、今まで「アンマン」とか「マンマンマン」としか言えなかったのに、このバルーンを見て「アンパンマン!!」と言えるようになった♪
ヒジョーに疲れるけど、こどもの国はスバラシイところです。
[PR]
by nao-hime33 | 2007-10-07 13:50 | LEISURE
近すぎちゃってどうしよ~
b0024795_23445230.jpg
10月1日(月)あめのちくもり。
今日はタロヲがお休みで、来週までお得な割引券を、友だちからもらったので、小雨降るなか、富士サファリパークに行ってきた。
これまた、ケイたんがどんな反応するかが、大いに期待だったんだけど、サファリバスを見ただけでコーフン!! ライオン・トラの猛獣ゾーンで大コーフン!! 「よかった、よかった♪」なんて思っていたら、ゾウさん・キリンさんを過ぎたあたりから飽きてしまい、すっかり車内のCDをいたずら。確かにワタシもシカさんゾーンの長さに飽きちゃったんだけど、最初にライオンさんを持ってきちゃいけないよ。途中中だるみをする頃に、ガツン!!とライオンさんを見たかったなぁ。
でも、キリンの目はとてもつぶらでかわゆく、シマウマのおしりはとってもキュートで、ライオンやトラは迫力あってかっこよかった!! ケイたんより、ワタシの方がコーフンしていたかも!? 
サファリゾーンのあとはふれあいゾーン。カンガルーやワラビーにふれたり、えさをあげたりできるというもの。ここでのケイたんは、この日、1番エキサイティングしていたと思われるほどのはしゃぎよう!! えさもほとんど自分であげ、自分より大きいカンガルーを怖がることもなくさわりまくり、挙句のはてに、目を離した隙に柵を越えて中に入ってしまい、カンガルーを追いかけまくる始末。カンガルーの方がびっくりして逃げ出し、それをまたケイたんが追いかけて行く。周りの人たちには笑われ、うちらも「ケイたん、ダメだよー!!」と言いながらも、苦笑せずにはいられなかった。柵に入っちゃいけないんだけど、あのまま放置しておきたかったよ。側にいた小学生くらいの女の子が一言、「この子、すごい」。
富士の方はすっかり寒くて、冬が来たみたいだったけど、ケイたんの周りは熱く、お騒がせなサファリ体験でした。カンガルーさん、ごめんなさいね。
[PR]
by nao-hime33 | 2007-10-01 15:06 | LEISURE
秋は夕暮れ
b0024795_1122479.jpg
9月28日(金)はれ。
涼しくなったかと思えば、また暑くなり、中々夏物をしまうことができない9月も終わり。ビーサンもまだしまわなくてすみそう(笑)
行楽の秋・食欲の秋・読書の秋・スポーツの秋・・・。いろんな秋があるけれど、スポーツの秋以外は意欲的!! ケイたんも食欲が復活してきて、朝からごはんを1杯半食べるようになった。
この間の3連休は、お風呂とうまいもんを食べに行って過ごした感じ。
初日土曜日は、タロヲが午前中仕事だったので、午後から高速飛ばして山梨へ。
やまなみの湯で、敷地内にある公園で遊んでからお風呂。ケイたんはタロヲと入ったけど、ちっともお風呂に入ろうとせず、走り回って大変だったらしい。ワタシはのんびり、エステの湯を満喫。
お風呂のあとは、友だちから教えてもらったほうとうのお店・小作へ。煮込み系うどんが大好きなワタシとしては、ヒジョーにおいしかった♪ケイたんも気に入ったらしく、ワタシが頼んだほうとうを半分くらい食べていた。子連れが多く、あちこちでコドモがちょろちょろしていたのもよかった。
日曜日はおうちで過ごし、月曜日はまた、夕方からよみうりランドの丘の湯へ。近くの公園で遊んで、今回はワタシがケイたんとお風呂へ。露天風呂に水槽があったので、ケイたんはお魚さんを見ていたり、他の子のマネをして、足湯ではしゃいだり、わりといい子でいてくれた。
この日は、ケイたんが生まれてから、何度も行こうと思いながらも断念していたブロンコへ!! 2年ぶりのブロンコは、相変わらずワイルドでおいしかった!! ケイたんもサラダのコーンとコーンスープ、ごはん、ハンバーグを少し食べ、なんとかブロンコをクリア!! 子連れでここに来るとは思ってもみなかったよ!!
午後からののちょっとした行楽。でもお風呂入ってごはんを食べて、あとは寝るだけ!! 主婦にとってはなんて素晴らしい行楽なんでしょ♪海・プールの冷たい水から温泉のあったかい水に、わが家はすっかりswitchしましたん♡ 
[PR]
by nao-hime33 | 2007-09-28 00:26 | LEISURE
The OKINAWA last day
b0024795_2231447.jpg
8月30日(木)はれ。
沖縄最終日。
チェックアウトの時間まで、プールで遊ぶ。ケイたん、ずいぶんと泳ぐのが上手になり、足をバタバタさせて、なんとなくバタ足っぽく見える。
チェックアウトして、また2時間かけてDFSへ。今回泊まったホテル、サービス面でひとつ不満な点があったけど、リゾート気分はすっかり味あわせてもらったので、よしとしよう(こればっか)。
DFSでは、レスポのポーチとラルフの香水を買うのみ。そうそう、ここにちょっとおしゃれなフードコートがあるんだけど、何気にここがよかった。ちょっと高くなったところにソファ席があり、ゆったり座れ、ケイたんも裸足で走り回っていたけど、目の届く距離なので、一番落ち着けたかもしれない!?
そして国際通りへ向かい、ベタなんだけど海人Tシャツを親子3人で購入。何気にこれは外したくなかったんだー(笑)。
空港では、キッズスペースで大きな子に混じって、ケイたんは大汗かいて遊んでた。その間にお土産とか見て、BLUESKY限定の、紅イモレアケーキ「シュリ」を買って、ワタシも空港内を満喫。
飛行機を見て、「あっ!でんひゃ!!」と叫んでいたケイたんは、やはり離陸前にzzz。1週間前に事故のあった中華航空の、黒くなった凄惨な残骸を見ながら、沖縄とさよなら。思いっきり、後ろ髪を引かれたけど!!
ケイたんが歩くようになって、初めての旅行だったので、想像以上にバタバタしてしまった。反省することも多く、いい経験をさせてもらった旅行だった。でもやっぱり旅行はいいな。海のある場所はいいな。4日間だけ海人・島人になれた、沖縄に感謝♪連れて行ってくれたタロヲに感謝♪また行くぞーっ!!
[PR]
by nao-hime33 | 2007-08-30 15:51 | LEISURE
OKINAWA the third day
b0024795_21413421.jpg
8月29日(水)はれ。
沖縄3日目は、ホテルのビーチ&プールで1日過ごした。
ケイたんは、腕輪と浮き輪の完全装備で、海でもひとりで浮けるようになった。足をバタバタ動かして喜んでいるものの、海水のしょっぱいのがどーもイヤみたいで、時々シブイ顔。それでも一緒にサンゴを拾ったり、波にも向かっていったりしたので、以前よりは海にも慣れてきたかなぁ。
お昼頃、突然のスコールがやってきて、みんなマリンハウスで待機。そんな中でも、ケイたんは雨に突進していき、ひとりビーチに飛び出していく始末。周りの人に「あらあら~」なんて苦笑された。この沖縄では、何かが切れてしまったようなケイたんのハイテンションぶりに、もぉホントに参った。
そんなケイたんも、午後はお部屋でタロヲとお昼寝。ワタシはひとりビーチで、サイコーの時間を過ごした。本を読んで、お昼寝して、暑くなったら海に入って、また本を読んで・・・と、沖縄に来て、この時が1番の至福の時だった。ただ海を見てるだけ、ただ寝てるだけ、ただボンヤリしているだけ、こうしてビーチで1日過ごすのが大好き♡ 2時間くらいだったけど、ずいぶんリフレッシュできたような気がする。
夕方遅くまで、またプールで遊んで、ちょっと高かったけど、ホテルの和食バイキングを食べて(島豆腐がメチャメチャおいしかった!!)、この夜は、ビーチで地元青年団のエイサーと花火が催された。松明だけの明かりの中、三線の音色と、沖縄独特の謳いまわしの歌声と、エイサーの迫力に感動。すぐ目の前であげられた花火も、見たことがないようなものもあり、沖縄最後の夜に、いい思い出となった。
今回の旅は、久しぶりということもあって、あれこれ欲張ってしまったけど、次回はこうしたホテル滞在の時間をもっと増やして、ゆっくり過ごすことにしよう。いろーんなことが名残惜しかった、沖縄最後の夜。
[PR]
by nao-hime33 | 2007-08-29 16:55 | LEISURE
OKINAWA the second day
b0024795_1537313.jpg
8月28日(火)はれ。
沖縄2日目は、美ら海水族館へ。
ワタシは沖縄は、今回4回目なんだけど、1番最初に行った時(15年くらい前かな~!?)に、美ら海になる前の水族館に来た。その時のことは、まーるで覚えてないんだけど、今のようにこんなに人がいなかったことだけは確か!!
やっぱ記念だから、ジリジリの突き刺す陽射しの中、水族館の前で写真を撮ったり、撮ってあげたり。これだけで、もぉ汗だく。夏休みということもあって、人・人・人だらけで、館内の冷房も効かず、とにかく暑かった!! 
ケイたんも始めは水槽に釘付けで、人の間をすり抜けて1番前に行き、呼んでも呼んでも離れようとしなかったのに、だんだん飽きてきちゃって、メインの黒潮の海の水槽では、ジンベイザメには目もくれず、ひたすら階段の上り下り。荷物置き場となってしまったベビーカーはジャマになっちゃうし、ちっともゆっくり見れなかった。。。
それでも、ジンベイザメやエイの迫力は素晴らしかったし、ジンベイザメの背中に、コバンザメが乗って泳いでいたり、館内でもひときわ高い歓声があがっていた。ワタシもケイたんを、ちょっとほったらかしにして、しばし見とれてしまった。
あとから聞いたところによると、ここは、夕方に来た方がいいらしい。館内も空いているし、何より素晴らしい夕陽が見れるとのこと。来る前に知ってればなぁなんて思ったけれど、でも、真っ青な空と白い雲、透明な海から除く島々の景色は、言葉で言い表せないほどステキで、水族館の脇の小道から見える景色なんか、駆け出したいほどステキだった。
早々に美ら海水族館を出たあとは、ガイドブックに必ず載っている沖縄料理の店大家(うふやー)へ。沖縄の旧家を改築、復元したお店ということで、田舎のおじいちゃん・おばあちゃん家に来たような、ちょっと懐かしい感じ。運良くテラス席に座ることができ、山の緑や流れる滝を見ながら食事。ケイたんがいなければ、かなりゆったり気分を味わえることができたんだけど、ここでも、こいつは店内を走り回っていた(ー_ー)!! でも、沖縄そばとジューシー(炊き込みごはん)は気にいったようで、食べている間は少しは静かにしていてくれたかなぁ。
午後は、ブルーシールの塩ちんすこうアイス、富士家の冷たいぜんざい、A&Wのハンバーガーと、とりあえず沖縄を食べつくしてきた。ケイたんを連れての観光は想像以上にタイヘンだったけど、沖縄の高速のPAに寄ったり、道の駅に寄ったり、ホテルが遠いからこその貴重な経験ができたので、よかったとするかな。
[PR]
by nao-hime33 | 2007-08-28 14:37 | LEISURE
OKINAWA the first day
b0024795_14521912.jpg
8月27日(月)はれ。
今年の目標にかかげてた沖縄旅行。3泊4日で行ってきたよー!!
1番の心配は、ケイたんが飛行機の中で、おとなしくしてくれるかということだったんだけど、ワタシに似たのか、離陸前から沖縄に着くまで、ずーっとzzzしてくれた。おかげでワタシも、ケイたんを抱っこしながらもzzzすることができた。周りのコドモたちも、みんな離陸する頃には寝ていたので、コドモというのはそういうものなのかなぁ。
などと思いながらも、着いた沖縄は32℃の好天気!!
今回はレンタカーをDFSで借りるプランにした。空港からレンタルする人が多いと思うんだけど、ワタシたちが泊まるホテルがはずれの方にあるので、那覇市内の渋滞を避けて、高速から移動した方がいいということと、鉄・タロヲのご希望で、ゆいレールに乗りたいということで、DFSレンタルにした。
ということで、沖縄唯一の鉄道・ゆいレールに乗って、DFSへ。途中下車をして、国際通りを散歩したり、猪木酒場で記念撮影したり(ワタシたちが旅するところ、なぜか、猪木さんが待っている!?)、そしてまた、ゆいレールに乗ってDFSへ向かい、初日から頑張っちゃった。
車で2時間。
今回宿泊したのが、JALプライベートリゾートオクマ。北部の外れの、やんばる(山原)に囲まれたこのホテルにしたのは、行くからにはリゾート気分を味わいたいというワタシの希望で、ここのガーデンヴィラを選んだ。4月にコテージからヴィラに改装したと言うことで、ところどころ古さはイナメナイものの、靴を脱いであがるフローリングの部屋だったので、子連れのワタシたちにはちょうどよかった。
案の定ケイたんは、ベッドの上で飛び跳ね、部屋中かけまわり、異常なくらいのコーフンぶり。食事に行ってもジッとできず、ホテル内を散歩してても、あっちのほーうに逃げていくし、夜も遊んじゃって中々寝てくれず、10時にやっと就寝。10年ぶりの沖縄なのに、感慨深い思いはなく、どーっと疲れてしまった沖縄初日。
ゴーヤのカクテルと、パパイヤイリチーがとってもおいしかった。
[PR]
by nao-hime33 | 2007-08-27 13:45 | LEISURE
波乗りジョニのすけ
b0024795_1611336.jpg
8月22日(水)はれ。
これも、実家に帰った時のお話。
遅れてタロヲがやってきた翌日、3人で近くのプールに行った。
田舎のプールだけど、ちびっこプールから、波の出るプール、流れるプール、スライーダーと、ひと通り揃っている。
ケイたんは、ちびっこプールではすべりだい、ながれるプールでは、四つんばいになってはしゃぎ、流れるプールでは、当日、衝動買いした浮き輪で、大はしゃぎ。
この浮き輪が、かなりお気に召したようで、くるくる回りながらもひとりで泳いで(!?)いた。流されないように押さえようとすると、思いっきり手を払いのけられたほど。
スイミングでも、今、腕輪をつけてひとりで泳ぐので、水の中に浮く感覚が、ケイたんの中でわかりつつあるのかなぁ。
こういうプールが、今住んでいる近くにもあるといいのだけれど、中々ないんだよねぇ。実家に帰った時の楽しみのひとつにしよう。
それにしても親子3人、吸収率がヒジョーにいいようで、日焼け止めなんぞ効かず、いい色に焦げました。夏だな、夏。
[PR]
by nao-hime33 | 2007-08-22 15:49 | LEISURE
2007サザンビーチ花火大会
b0024795_093339.jpg
8月5日(日)はれ。
2年ぶりに、茅ヶ崎サザンビーチの花火大会に行った!!
本当なら、前日の土曜日に開催予定だったんだけど、ここは海上で花火をあげるため、台風の影響で船が確保できず、今日に順延となった。地元のお祭りに行くのをやめて、大好きなこの場所に、海水浴がてら昼間から遊びに行った。まだ風は強くて、波も高かったけど、大勢来てたなぁ。
花火大会の日は遊泳が4時までなので、3時くらいからあがり、シャワーをあびて浜辺で待機。長いんだけどこの待っている時間が、何気にワタシは大好き!!
まだまだ遊び足りないコドモたちが、波打際で遊んでいたり、ござやイスを持ってきて、軽く腹ごしらえをしているファミリー、水着のままで、昼間の暑さの余韻を楽しんでいる若い子たち。だんだん夕暮れていく水平線やエボシ岩を見ながら、海風に吹かれ、まったーり過ごすこの時間のために、花火を見に来ていると言ってもいいくらい。すっごい贅沢な時間。
夜になってもまだ風は強く、花火は予定より遅れて始まったので、急げ、急げー!!って感じの、いつにないスピーディな打ち上げ花火だった(笑)でもこれが中々よくて、いつになくエキサイティングって感じ。終わりごろ雨が降ってきて、ますますスピーディになったんだけど、最後は圧巻だったなぁ。
駐車場までの道のり、大勢の人がサザン通りをぞろぞろと歩いてて、2000年にやった茅ヶ崎ライブのことを思い出した。あの時も、ライブの興奮を引きずって、この通りを歩いたんだよなぁ。
今年の花火は、ちょっと忘れられないかも!?
花火大会初体験のケイたんは、驚いて泣くこともなくじーっと見ていた。昼寝をしなかったので、花火が始まって15分くらいで寝ちゃって、みんなに「大物になるよ!」と言われた。単ににぶいだけなような気もするんだけど・・・(笑)
そんなケイたんはさておき、来年もこのサザンビーチで、みんなで遊んで花火を見れたら、ぼかぁシアワセだなぁ。
[PR]
by nao-hime33 | 2007-08-05 00:12 | LEISURE
こどもの国
b0024795_22415029.jpg
7月28日(土)はれ。
タロヲの友だち家族3組で、こどもの国に行ってきた。
このメンバーで逢うのは、去年の10月のお台場以来。その時、めいっぱい一緒に遊んだのに、コドモたちはすっかりワタシたちのことなんか忘れていてガッカリ。そんなもんなのねぇ。
梅雨がひと休みしてくれたこの晴天の中、むかうは水遊びができるせせらぎ。
ここはプールもあるんだけど(3歳以上)、ここでも充分満喫できるっ!噴水もでているし、シャワーもあるし、あづまやみたいのがあるので、見ている大人もここで座っていられたりする。ワタシたちが行った時は、すでに満席状態で、サンサンと太陽を浴びながら足を水につけたりして、パパたちと遊ぶコドモたちを見守ったよ。
ケイたんは一目散に岩場の噴水の方へ向かっていき、みんなから"チャレンジャー"の称号をいただきました(笑) 5人いるコドモの中で一番下なんだけど、一番水と同化しており、そのパパであるタロヲは、コドモたちを相手に水をかけたりかけられらたり、水好きの親子なんだとつくづく実感。
しっかし、さすがこどもの国というだけあって、進むところ進むところ、遊ぶところがいっぱいあり、寄り道ばかりでなかなか目的地につけない。思ってたより広くて、歩きつかれてもぉ帰る頃には疲労困憊!! 最後は園内を走るバス(200円)に乗って戻ってきた。
でもケイたんやコドモたちは、とっても楽しかったようで、最後まで元気で笑顔だった。それが何より!また遊ぼうねっ♪
[PR]
by nao-hime33 | 2007-07-28 22:13 | LEISURE