2009年5月(May)。     2mはありそうなオーガスターがわが家に仲間入り。圧倒的な存在感ですが、その大きさに癒されます。
by nao-hime33
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カニ
「いこいの湯」の帰り、寿司だよなぁ~ってことで、「魚屋路」へ行った。
そこで、大好きなうにを食べることより、気になって仕方がない人がいた。
彼女はお母さんと思われる人と一緒に来ていた。20~30才代くらいだと思うんだけど、「醤油ついたらどうすんのぉぉぉ~」っていうくらい真っ白の、毛皮だかフェイクファーだかの上着を着て食べていた。上着を脱いだら、これまた1月のこの冬に、肌もあらわにチューブトップ。おせじにも今の若い子がするようなおしゃれな感じではない。不潔な感じのロングヘア。食べ方もなんかキタナイ感じ。
頼むのは中トロのみ!しかも2枚!毎回2枚!それをいかにもうれしそうに、言葉にするなら”ルンルン♪”って感じで食べている。ワタシ以外にも彼女に注目している女の子がいて、彼女は怒ってるような顔で凝視していた。
そのうちお母さんが先に支払いを済ませ、入口の待合席に行ってしまった。残された彼女は、お店のうしろのガラスでファッションチェックしたり、メニューを見ていたり、いっこうに注文する気配がない。30分くらいその状態。私も、本日のお勧めのげその炙り焼きの香りとおいしさに感動し、うにと一緒に2枚目をたのんだりしていたその時、
「すいませ~ん」 とうとう彼女がオーダーをしたっ!
生タラバガニの二本盛、10本ください」
・・・。
周りの客、ほとんど全員が彼女を見た。映画やテレビのワンシーンのように、みんなが思いっきり彼女を見て、オーダーを受けた板さんは、一瞬、息を飲んだように見えた・・・。
板さん同士の審議の末、再度10個か確認して、やっと「生タラバガニの二本盛オーダー入りましたっ」。
10個と言っても、ひとつの小鉢に2本入ってるからtotal20本。ひとつ500円だからtotal5,000円。食べ終わっておなかいっぱいなんだけど、どうしても彼女の前にタラバガニが10個くるのを見てみたい。きっと周りのみんなもそう思ってたはずっ!
カニが10個揃い、中トロの時のような”ルンルン♪”とした表情ではなく、不機嫌そうな顔しながらももくもくと食べていく彼女を見て、お店をでた。
駐車場にはお母さんが車で待っていた。
世の中にはいろんな人がいるなと、つくづく実感する今日この頃です、かしこ。
[PR]
by nao-hime33 | 2005-01-17 20:51 | OTHERS
<< 平民 今年の目標!その④ >>